八雲のお社(改修)

Yakumo Shrine

かつて朝霞の栗園の小高い丘に佇んでいた八雲のお社。

栗園の人々は、毎朝、作業の安全と栗の収穫を祈願していました。

しかし、陸軍の軍用地として栗園が差し出されることになり、土支田八幡宮境内地に遷座されました。

以降この地にて年月を過ごしてきましたが、損傷がひどくなり手を加えることになりました。

覆屋は、土台・柱・梁・扉など、できる限り既存の材料を再利用して改修し、壁板や野地板には杉、八雲社殿が乗る床には檜を使用しました。

佇まいはそのままに、時間と共に新しい素材が既存の素材と同化し、馴染んでゆくように心がけました。

所在地
東京都練馬区
主要用途
建築面積
3.31m2
構造規模
木造平屋